So-net無料ブログ作成

小鍛冶01蕨手刀 [小鍛冶]

蕨手刀.jpg

秩父市HPより 蕨手刀

小鍛冶01蕨手刀

平成9年東京国立博物館は、「日本刀は蝦夷の蕨手刀が変化したもので平安中期頃に完成
した」との見解を示した。

日本列島への鉄文化の流入は、北海道・東北に入った「ロシア沿岸部経由の韃靼鍛冶系」
と九州・山陰に入った「中国・朝鮮半島経由の韓鍛冶系」の2系統がある。
蝦夷の蕨手刀は、アナトリアの「ヒッタイト」から草原の騎馬遊牧民族を経た「アルタイ
のアキナケス剣」が原型であると言われている。

秋田城周辺からは「アルタイのアキナケス剣」が出土している。
アキナケス剣とは主に紀元前1千年の東部地中海地方で使用されたいたタガーナイフ又は
サイフォスの一種で、長さは35~45㎝、両刃である。
起源はスキタイだが特にメディア王国、スキタイ、ペルシャ、古代ギリシャで使われた。
黒海沿岸の遊牧スキタイ、紀元前8~3世紀のウクライナのスキタイ、紀元前5~4世紀
の匈奴で使用されている。

そもそも蝦夷は、生活必需品として、刀子や蕨手刀のような小型の剣を携帯していた。
大和朝廷の成立により、700年関市令により、北辺東辺での鉄冶が禁止され、又東北へ
の武力侵攻が進む中で、蕨手刀は武器として用いられるようになりその長さを増していっ
た。奈良時代後半には戦況も激化し、坂上田村麻呂により阿弖流為が降伏し、東北は朝廷
の支配下に入った。蕨手刀は、平安初頭には、柄に空かし状の穴があいた「毛抜型蕨手刀」
に変化した。朝廷側の直刀が、鍔の装着は柄木を使い手前から行うのに対し、蕨手刀は柄
木を用いない共鉄柄のため、鍔を切っ先から装着するため、しっかりと握るため、衝撃を
吸収するために工夫されたと考えられている。
平安中期、前九年・後三年の役において朝廷側の八幡太郎義家親子と東北側の安倍貞任親
子が戦った時代には「毛抜型太刀」が用いられ始めた。「毛抜型太刀」も毛抜型・共鉄柄
・切っ先からの鍔装着である。
「毛抜型太刀」に柄木が装着されるようになり「太刀」が完成する。

日本刀が完成された平安中期、東北には「舞草鍛冶」「築山鍛冶」「玉造鍛冶」の集団が
あった。敗戦により鍛冶集団は朝廷の支配下に置かれ「俘囚」と呼ばれ、西国の特定地域
に移住させられ、移住地の鍛冶集団の成立の基礎となる。
鍛刀技術に優れた者は、大和名を与えられ律令国家の体制に組み込まれた。
源氏の宝刀「髭切りの太刀」、平家の「小烏丸」は俘囚の手による。
薩摩の「波平」の綾杉肌は奥州鍛冶の系統で西国舞草と呼ばれる。
古備前「正恒」は奥州鍛冶有正の子で、「村正」は平安城長吉の系統で、平安城長吉の父
は舞草鍛冶の長光であるから奥州鍛冶の流れである。

舞草鍛冶:岩手県一関市や平泉周辺中心に、安倍氏や東北の都平泉の需要に応じていた。
     奥州鍛冶の中心的存在
     行重・安房・森房・幡房・我里馬・鬼丸・瓦安・世安・森戸・光長・閑寂・
     国平など
月山鍛冶:出羽三山や山岳信仰を中心に諸国を従来した。室町期には山形県寒河江周辺を
     拠点
     月山・近則・鬼王丸・仏心・俊吉・軍勝など
玉造鍛冶:宮城県玉造郡周辺を中心としたため、早くから朝廷支配下に組み入れられた。
     上一丸・家則・真国・貞房・諷誦・宝寿など

蝦夷と戦った大和朝廷の兵士は大陸(中国朝鮮半島経由)系の直刀を使用していた。蝦夷
の兵士が自ら生産し、使用した蕨手刀は、馬上から斬りつけるものなので振り下ろした時
に円を描いて振り下ろせるように柄の部分が反ったものだった。刀はそれを作り用いる者
によって進化していった。
権威の象徴である朝廷は、権力の象徴である刀を我が物とする力量はなかった。
大和朝廷にとって優れた奥州鍛冶の技術は、垂涎の的であり、同時にその価値を認めるわ
けにはいかない危険な力の源泉であったのかもしれない。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。