So-net無料ブログ作成
検索選択

翁13 火祭りの系譜 [翁]

三毬杖.jpg
三毬杖 画中川喜雲 国立国会図書館

翁13 火祭りの系譜

左義長は、小正月の1月14日の夜15日の朝に全国で広く行われる火祭りの行事である。
刈り取り後の田などに長い竹を3、4本組んでたて、そこにその年飾った門松や注連飾り
書初めで書いたものをもちより焼き、その火で焼いた餅を食べ、その灰は持ち帰り自宅の
周囲にまき厄除けとする。
門松や注連飾りによって迎えた歳神を、それらを焼くことによって炎と共に見送る意味が
あるとされる。お盆の迎え火送り火と同様に、神や祖霊の依代としての炎である。

この火祭りは地方によって、とんど、とんどやき、どんと、どんとやき、どんどんやき、
さいとやきともいわれる。「とんど」も「どんと」も「さいと」も歳徳神の呼び名であり、
火祭りの神が歳徳神であると言ってよい。
歳徳神は、陰陽道でその年の福徳を司る神で、暦の多くに美しい女神として描かれている。
牛頭天皇の妃、八将軍の母「頗梨采女」、又は、牛頭天皇とスサノオの習合により、その
妃「櫛稲田姫」と言われている。仏教の普及により、それ以前の信仰の対象が仏教や陰陽
道に取り込まれる前の、歳徳神の原初の姿はどんなものだったのだろうか。

モンゴルに「オボの祭り」がある。オボとは、モンゴリア各地の山頂・水辺・境界などに
設けられた天地を祀る祭場で、ごろ石を積み上げて壇をつくり、その上に柳の枝を叢立さ
せ、又は乾草の類を積み上げたたりしたものである。自然の大木で代用することもある。
こうしたオボに毎年1回または2回、馬、牛、羊などの犠牲をそなえ、その周囲を何回か
廻って天神地祇をまつり、家内の安全と繁栄を祈って、競馬や相撲を行っている。
中国の史書の記述には匈奴の風習に竜城の祭りがある。正月、五月、九月の戌の日に諸長
が籠城、竜城と言われる材木、樹枝、柴の類を積み上げた壇をつくり国事を議し、馬を走
らせ駱駝を戦わせ神楽とした。

平安時代の貴族の正月遊びに「毬杖(ぎっちょう)」という杖で毬をホッケーのように打
ち合うものがあり、1月15日の小正月に宮中清涼殿の東庭で青竹を束ねて立て毬杖を3
本結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師が謡い囃子ながらこれを焼く宮中行事が
あった。「故実拾要」によると、烏帽子、素襖を着た陰陽師大黒が庭の中央に立って囃を
し、ついで上下を着た大黒2人が笹の枝に白紙を切り下げた物をもち相対して囃をし、つ
いで鬼の面をかぶった童子1人が金銀で左巻きに書いた短い棒をもって舞い、ついで面を
かぶり赤い頭を被った童子2人が太鼓をもって舞い、ついで金の立烏帽子に大口袴を着て
小さい鞨鼓を前にかけ打ち鳴らしながら舞い、また半上下を着たものが笛、小鼓で打ち囃
す。毬杖を3本を結ぶことから「三毬杖」と呼んだ。「三毬杖」が民間に伝わり「左義長」
に変化したものとされている。

ここで思い出されるのは、摩多羅神である。摩多羅神は烏帽子狩衣の貴人の姿で左手に小
鼓をもち打ち鳴らす姿をしている。小鼓に合わせて2人の童子が笹と茗荷をもって舞って
いる。摩多羅神は笑っており童子2人も微笑んでいる。天台宗系のお寺の常行堂の後戸に
秘められた神である。常行堂の本尊は阿弥陀如来である。平安時代の宮中行事「三毬杖」
に登場する陰陽師大黒の姿が摩多羅神に重なって見えるのは何故だろうか。
「三毬杖」の火祭りを取り仕切る陰陽師大黒は、仏教世界の摩多羅神ではなかろうか。
摩多羅神は猿楽徒の神でもある。

とんど祭りは「サエノカミサン(道祖神)の火祭り」でもある。神奈川県大磯町の左義長
では、松の内が過ぎると子供たちは正月のお飾りを集めて廻り、青年たちはセエトの材料
の末や竹を調達する。町内各所に大竹やおんべ竹を立て、町内境に注連を張り、セエノカ
ミサンの御仮屋を作り子供たちが籠る。祭り当日、集められたお飾りや縁起物は浜辺に運
ばれ燃やされる。

黒い翁の原型は、宮中の火祭り「三毬杖」の陰陽師大黒ではないだろうか。そしてさらに
宮中の火祭り「三毬杖」の原型となったのが飛鳥時代に秦氏が行っていた火を使った供儀
の儀式ではないだろうか。
道祖神(道の神)も、陰陽道の大黒も、仏教の摩多羅神も、日本の表社会から追放された
裏社会の神である。
表社会から追放されても、人々の記憶から消し去ることはできなかった国家形成の偉大な
異邦人の黒焦げの姿を見ることができるのではないだろうか。国家安泰を寿ぐための供儀
となった黒い翁の笑いは、悲しい諦めの笑みである。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る