So-net無料ブログ作成

井筒06 水辺の斎庭 [井筒]

井筒06三ツ寺遺跡.jpg
三ツ寺遺跡

井筒06 水辺の斎庭

大和朝廷による飛鳥京の井戸の祭祀と、採集社会における泉や川の女神の間には、どのよ
うな水の祭祀があったのだろうか。飛鳥京における水の祭祀は、本格的に国家宗教として
導入される仏教に入れ替わる直前の、(後の神道、密教の中の儀式等に引き継がれていく)
豪族たちがそれぞれ行っていた祭祀の中で最も典型的かつ普遍性をもった宗教的権威であ
ったのだろう。

群馬県榛名山が6世紀に2度の大噴火を起こし、山麓の村、水田、住居は火山灰に埋もれ
たまま、新幹線工事中に発掘された。三ツ寺Ⅰ遺跡は、5世紀の首長の館跡である。
火山の周囲は比較的大きな平坦地があり、樹木の少ない火山は放牧に適していたことから、
火山の周囲には多くの集落ができたのだろう。
方形の敷地は4つの区画からなり、北側には竪穴住居、工房、倉庫が、南側には政治の場
としての大型建屋と井戸、屋外祭祀場がある。
敷地の西側と南側には濠が北側と東側には崖があり、出入りは台形の張り出し部分に掛け
られた橋で行われた。遺跡近くの古墳からは、水壺を捧げ持つ巫女の埴輪が出土している
ことから、祭祀場では井戸から汲み上げた水による祭祀が巫女と王によって執り行われた
のだろう。

このような水の祭祀場が発見されたいわゆる古墳時代の遺跡には、他に下記がある。
・静岡県井伊盆地 天白磐座遺跡
・三重県 城之腰遺跡
・奈良県葛城山麓 南郷大東遺跡
・奈良県馬見古墳群栗山古墳

泉や川原などの湧水や磐座といった自然地形に神の来迎を感知した古代社会が、治水技術
により、井戸などの人工的な装置によって神の呼び出しを可能にする王の出現によって終
わりを告げた。水の祭祀は巫女によって王権の機能として執り行われ、最終的に大和朝廷
によって完成された。ただそれは宗教としては結局アニミズムを超えることなく、仏教以
前の日本人の禊や穢れ払いなどの水をめぐる宗教観は神道として封印されていく。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。