So-net無料ブログ作成
検索選択

土門拳記念館 [精霊の家]

domon.jpg
山形県酒田市にある土門拳記念館に行ってきた。長野の東山魁夷美術館上野法隆寺宝物殿とで谷口氏の美術館三部作(トヨタ美術館と迷うところだけど)だ。記念館もよかったけど、それ以上に土門拳の写真には泣けました。写真家の視点や構図とは、かくも物事の本質を鋭く表現するものなのかと。余計なものすべてを捨て、エッセンスのみを発見する神の視座を持った類まれな人。
12月26日まで「土門拳の昭和」やってます。
建物はいつもの谷口氏同様、エレガントで寡黙でした。池には鴨や白鳥が沢山飛来していて、テラスが糞だらけであったのも、なんだかとっても包容力がありました。酒田の強風に負けずに立つ清貧のサムライのような土門+谷口の素敵なオジサマ達でした。

天台寺 [精霊の家]

tendaiji.jpg
秋田での法事の後、父方の縁の天台寺に初めて訪れた。瀬戸内寂聴氏によって随分有名にしていただいたお寺だ。寺が江戸時代南部藩直轄であったころ南部藩家来であった父方が管理に携わっていたらしい。戊辰戦争後賊軍となり、寺は廃仏毀釈もあり悲惨な運命を辿ったようだ。寺の不幸に少なからず責任の一端はあったと思うけど、ご先祖様が生き伸びてくれたおかげで私も生まれたわけだ。二百石の寺領もあり、神楽も盛んにおこなわれていたらしい。いわて県立図書館の電子ライブラリーで藩士2700名の家系図の中から、それと思しき一族を発見した時の私の気分はもはやサムライであった。家系図中に外記として出来事が書いてあり、ご先祖の苦労をリアルに実感したひと時であった。泉先生先祖所属の庄内藩も一緒の賊軍と知りちょっと嬉しかった。
メッセージを送る